イエローゴールドの結婚指輪は派手すぎませんか

結婚指輪Q&A:イエローゴールドの結婚指輪が流行っているようですが派手すぎませんか。

Q.イエローゴールドの結婚指輪が流行っているようですが派手すぎませんか。

  • 日本ではこれまで、プラチナ(銀色)の結婚指輪が圧倒的なシェアを占めていましたが ファッションジュエリーの主流がイエローゴールド(金色)に移行したこともあり、 結婚指輪にもプラチナとのコンビ(二色使い)を含めて、イエローゴールドの結婚指輪が増えてきました。

    もともと欧米ではイエローゴールドの結婚指輪が主流ですが、日本と中国ではプラチナが人気です。
    銀色の方が肌の色に馴染むということだったのでしょう。
    日本ではスーツやネクタイの色にも派手なものは少ないですものね。
    イエローゴールドほど目立たない色の、ピンクゴールドに根強い人気があるのも、 同じ事情なのだと思います。

    さてイエローゴールドのリングですが、新品の時はピカピカに輝いていることでしょう。
    しかし、ゴールドもプラチナと同様に柔らかくてキズが付きやすい金属なので、リングを着けているうちに表面に細かい小キズが付いて、 だんだん落ち着いた自然な光沢に変わっていくものです。
    そしていつの間にか指になじみ、着けていないと落ち着かないような存在の指輪になるのです。

    また、最初からピカピカの光沢が気になるならば、シックなつや消しタイプの結婚指輪を 選ぶという考え方もあります。
    つや消しのイエローゴールドには上品な独特の雰囲気があるので、最近では人気が高まっています。

    しかし、何よりも大切なのは、イエローゴールドの指輪を堂々と自信を持って着けること。
    そうすれば、最初は派手に思えた指輪であっても、だんだん似合うようになるものですよ。