40代、50代にふさわしい結婚指輪とはどのような指輪ですか

結婚指輪Q&A:40代、50代にふさわしい結婚指輪とはどのような指輪ですか

Q.40代、50代にふさわしい結婚指輪とはどのような指輪ですか
  • 40歳、50歳を超えたもうさほど若くはない二人が結婚指輪をつけるのならば、恥ずかしがらず堂々と着けられる指輪がいいなと、私たちは考えます。

    大人のくすり指に似合う、チープじゃなくて(価格の問題ではなく) シンプルで落ち着いた雰囲気。 二人がもっと年を取っても変わらずに着けていられるような、 品があり風格を感じられる指輪が理想です。

    そのためには、ボリューム豊かなフォルムであることが必要です。 くすり指のサイズに関わらず、年を重ねた私たちの指に似合うのは細い指輪ではありません。 また、存在感のある結婚指輪は豊穣な人生の象徴とも言えますね。

    機能面から考えても、プラチナやゴールドの地金をたっぷり使い、ていねいに作られた指輪は 丈夫で、複数回のサイズ直しも可能で、長く親しむのに適しているのです。 いくつになっても、二人の繋がりのしるしになるようなしっかりした結婚指輪が、 40代、50代の大人のカップルにはいいですね。