一生に一度の買い物


033

娘が20歳になり、成人式に参加するか、もしくは記念写真だけ撮るかで、ここ半年くらいずっと悩んでおります。

振袖を新調するか、もしくはレンタルするか。

この振袖という代物、一生に一回の買い物なのですね。着物については知識もなく、いったいどのようなものを選べばよいかが全くわからないのです。

まずはネットで、成人式 振袖 で検索すると、721,000件の検索結果が出てきます。一般的な知識、相場、などから情報を得て、好きな柄、サイトの雰囲気なども併せていくつかのお店をピックアップしました。ただ、見れば見るほど、混乱してきます。素材は正絹が一般的ですが、安いなぁと思うとポリエステルのものだったりと、驚くこともあります。実際にお店に出向いていろいろ試着してみるのが良いのでしょうが、着物屋さんは敷居が高いし、ガンガン接客されて高額なものを勧められそうで怖いのです。

知恵袋などを見ると、購入したもののトラブルになったりするケースもあるようで、リスクを避けるためにますます情報を得ようと必死になってしまいます。調べることに疲れて、もう振袖いらないか、、、なんて最近は思ったりして。

これって、結婚指輪も同じことだなと思うのです。

ジュエリーに今まで縁のなかった方々が、初めて結婚指輪という貴金属を購入することも珍しくありません。指輪に全く知識がないということは当たり前のことですね。

素材は何があるの?

自分の指のサイズはどのくらい?

相場は?

どんなデザインがあるのか

お店に行ったらすぐに買えるの? 購入までの手順は? など。

知識はないけど、指輪選びには失敗したくない、信頼できるお店でちゃんとしたものを買いたいというのは誰もが考えていることですね。一生に一回の振袖選びから今回学ぶことが多く、もっと選ぶ側の立場になっていろいろ考えることが必要であると思いました。

弊社は他のお店に比べると、自分で言うのもなんですが、誠実で真面目です。これからもさまざまなご相談をお受けして、より良い指輪を作っていきたいと思います。

http://www.bcmr.jp/wp-content/themes/pc/images/items/familie_main.png

さりげなく普通が良い指輪

店先に咲いていたなでしこ

なでしこ白

なでしこ

 

野草のお花屋さんが銀座にあり、前を通るのがひとつの楽しみになっています。

梅雨時期はじめじめと不快指数が高く、ゆううつな気分になりがちですが、雨の雫をつけた小さな草花を見ると、そんな気分を和らげてくれるようです。

写真は、白いなでしこの花。

女子W杯は残念な結果となりましたが、ちょうど準決勝のころに、この花を店先で見つけました。楚々と咲く白い花びらですが、なでしこ女子サッカーを応援しているようで、うれしくなりました。

人は悔しい気持ちがあふれると、涙がたくさん出てしまうものです。キャプテン宮間さんも、DFの岩清水さんも、ゴールを決めた大儀見さんも、涙が止めどなく溢れていました。

女子サッカーなでしこのみなさん、ほんとうにおつかれさまでした。

決勝の前日、ピンクと白の花がありましたが、準優勝が決まった日、ピンクの花はどなたかが買われたのでしょうか。白い花だけが残っていました。

細く糸状になった花びらはとても繊細な印象ですね。 「撫でたくなるほどかわいらしい」ことから名づけられたそうですよ。

なでしこ

撫子

ぐみの実

ぐみぐみ2

お昼休みにぶらぶらしていたら、野花専門のお花屋さんで懐かしい赤い実を見つけました。

ぐみの実です。

昔々、子どもの頃、裏の畑にこの木がありました。山桜桃(ゆすら)とぐみの木の両方があって、どちらかというと、えぐみのある ぐみの味が好きでした。

見た目はさくらんぼを楕円形にしたような形で、味は甘酸っぱく渋みがあります。完熟したものは、ふっくらと丸くぷよぷよしており、よく見ると、小さな茶色の点があります。中には種があり、この種というのが、硬いものではなくて、しわしわなのです。

畑で食べ放題でしたので、種はそこらへんに ぷっぷっと捨てていました。

そういえば、その時、隣にはもうすぐ色づくであろう枇杷の木もありました。いま時分の梅雨の時期だったのですね。

幼い頃は、季節がいまいつだなんて考えたことがなかったけれど、大人になるとこうやって樹木や花や果物で、やがて来る季節を感じることができますね。

 

 

 

鎌倉を訪れてみました

鎌倉大仏

NHKのブラタモリで2週続けて鎌倉を紹介していました。鎌倉は観光地として現在でも年間に2300万人を超える多くの人が訪れているそうです。ブラタモリでは誰もが知る名所の数々を紹介しており、たいへん興味深く見ることができました。

鶴岡八幡宮、極楽寺、長谷寺、鎌倉大仏、最近ではスラムダンクのモデルになった踏切も有名です。江の島電鉄の「鎌倉高校前」駅のそばにある踏切では多くの人たちが通りから海に向かって写真を撮っています。江の島電鉄は狭い家々の間を通る電車で、線路のすぐ横は玄関になっていたりと、鎌倉に住む人たちの日常生活を紙芝居でみているような気がします。初夏の今頃は線路わきの木々も葉っぱが生い茂っているので、電車と葉が擦れ合ってカサカサ音がするのもおもしろいです。

そして、鎌倉大仏へ

鎌倉大仏

鎌倉大仏

 

やはり大きいですね。

1252年から10年前後の歳月をかけて造立された国宝の阿弥陀如来坐像です。損壊したことはないけれども、一度首が前に傾いてしまったそうで、頸椎に支えが入っているそうです。わたしと同じで首が痛いのね、かわいそうに。対面すると、目をつむったようにみえるとか、逆に薄目を開けていて目が合ったとか言われますが、私は小さく目が開いているように見えました。

足元にある蓮の花弁は3枚、こちらは江戸時代に作られたもので、小さな文字が刻まれています。歩き疲れて、やれやれと座った石は、なんと大仏殿の痕跡を示す礎石でした。ちょうど良い高さなので、つい腰を下ろしてしまいました。

波の音と潮の香り

手入れされた生垣や草花、低い山々の樹木

古き良き時代の風情ある街並み

鎌倉の魅力は奥深く、ちょっと疲れた気持ちを癒してくれるものがたくさんありました。

 

料理シリーズ・ほうれん草とベーコンのキッシュ

キッシュ

 

先週末、雨模様ということもあって退屈しており、家でキッシュを焼いてみました。簡単な冷凍パイシートを使用するので、開始から焼き上がりまで1時間ほど。手軽にできます。

基本のほうれん草とベーコンの具材です。

今回は きょうの料理のレシピを参考にしてみました。わたしの料理は、家族に喜ばれるか喜ばれないか、とてもはっきりしていて、あっという間に売り切れる時もあれば、ひとりで食べなくてはならないこともあります。まぁ、残ってしまうときは美味しくないということですね。この歳になると、基本をすっ飛ばしてアレンジが加わることが多々あり、作っている本人も出来上がりにあれっ?と思うことがあるのです。

1ホールを6つに分け、仕上がり検品でまず自らひとつ食べ、残りを食卓に置いていたら、今回は気がつくと、あと2つに!

そして、翌朝に娘が、昨日のキッシュ、まだあるん?と、学校に行く前に残り1つを食べているではありませんか。

なんと、うれしい。やはりおいしく食べてくれると母はうれしいものです。

今回参考にしたきょうの料理のレシピを以下にご紹介します。ちなみにこのキッシュにあうスープは 漁師のスープだそうですよ。

◆材料
(直径21cmのタルト型1台分)

・冷凍パイシート (薄いタイプ) 1枚
・ほうれんそう 200g
・ベーコン 60g
・グリュイエールチーズ (すりおろす) 50g
*溶けるタイプのチーズなら何でもよい
・卵 2コ
・生クリーム カップ1/2
・ナツメグ 少々
・小麦粉
*打ち粉用
・バター
・塩
・こしょう

◆つくり方
1 冷蔵庫で解凍したパイシートを打ち粉をふりながらめん棒で薄くのばし、型にはりつけて冷蔵庫に入れる。
2 ほうれんそうはサッとゆでてざるに上げ、冷まして水けを絞る。3~4cm長さに切る。
3 フライパンにバター少々を溶かして、短冊に切ったベーコンをゆっくりいため、バターを少したして2のほうれんそうを加えていためる。塩・こしょう各少々で味を調える。
41のパイシートの中に3を敷き、チーズを散らす。ボウルに卵を入れて溶き、生クリームを加え混ぜて塩・こしょう・ナツメグ各少々をふり、チーズの上から流し入れる。
54を200℃に温めたオーブンに入れて20~30分間、上部に焼き色がつくまで、様子を見ながら焼く。

できあがりました。

キッシュ

ベルサプレートにキッシュ

 

ちょっとしたお出かけに

http://www.bcmr.jp/pearl/images/pct_case.png

昨日、GINZAの雑誌を見ていたら、ベビーパールのネックレスについて書かれていた記事を見つけました。昨今、淡水パールやコットンパールなどをよく見かけますが、掲載されていたのは本物の真珠でできた小さな珠のパールネックレスです。

冠婚葬祭につけていくパールネックレスは、7ミリ~8ミリのサイズの珠で一連が多く、これを日常につけようと思うと、仰々しくなりなかなか出番がありません。お友達の結婚式、お葬式、子どもの入学式、卒業式など、大事なセレモニーに着けて行くドレスには似合っても普段の洋服には大きな珠のパールネックレスは合いにくいものです。

それに比べて小さな珠のベビーパールネックレスはたいへん使いやすいのです。

普段のシャツやブラウス、カットソーなどに、襟元を少し華やかに魅せてくれるのにちょうどいいのです。

若い頃は、華奢な首に細いチェーンのネックレスが似合いますが、年齢が進み、しわっぽくなった首には細いネックレスは物足りなく感じます。大ぶりなネックレスにシフトするのは無理もありません。

大ぶりなネックレスはフェイクもたくさんありますが、やはり本物の輝きに勝るものはありません、金や銀の輝きよりも不思議と本物の真珠の艶は年齢を重ねた女性に似合います。

こちらは先日ご注文をいただいて特別にお作りしたパールの3連ネックレス

とても綺麗なネックレスでした、ずっと見ていたい気持ちになります。

ジャクリーンケネディ夫人のネックレスのようです。

このようなネックレスを普段の洋服にさりげなく合わせられるような女性になりたいです。

パール3連ネックレス.

大人の女性に似合うパールネックレス

 

 

銀座松屋で北欧ヴィンテージ展

 

マリメッコエコバック

赤のウニコ

 

本日までの開催ということで、松屋さんへ寄ってみました。

北欧ヴィンテージのコレクションで、お皿やお鍋、マリメッコのヴィンテージ布などが数は多くないですが並んでいました。

しかし、、、、、

どれもけっこうなお値段です。

寝室の窓に飾れるような大胆なテキスタイル柄を見つけたのですが、200×100あたりの大きさで15,000円でした。北欧のヴィンテージ布はテーブルクロスやカーテンに使用されていたものが多く、両端がミシン掛けされていたり、カーテンのフックがけの折り目がついていることがあります。今回見たのは、松屋さんだけあって、状態のきれいなものでした。欲しいなぁ。でも検討する余地なく、開催は本日まで。

店内での撮影はできませんでしたので、お鍋の写真を1枚。

以下はわたしのコレクションの写真です(実際にキッチンで使用しています)

2009 07 03_雑貨_0243_edited-1

魚模様のフィネル鍋 とにかく細かく描かれています

 

雑貨アラビアプレート・メイ

重厚感のある黒と茶の模様 アラビア

 

 

はじめまして

結婚指輪Hyggeヒュッゲは40歳以上の方々におすすめの結婚指輪をご紹介しています。

先日、結婚32年目のご夫婦が結婚指輪を買い替えされました。ジムで筋トレをしていた時にパチンと音がして指輪が切れてしまったそうです。指にはしっかりと32年の指輪のくぼみができていました。

買い替えとして少しキラキラ感のある指輪を新調されました。できあがった指輪にご主人様は「ピカピカの指輪をつけて飲みにいくと、みんなにいろいろ聞かれちゃうな~」とうれしそうでした。

結婚指輪は決して若いかただけのものではないのです。少し大人の40歳、50歳、60歳、70歳の方々にも買っていただきたいと思い、同年代の私たちが大人に似合う結婚指輪を作りました。どうぞ末永くお付き合いください。

ここでは同年代ならではの日常生活を綴っていきます。

北欧紀行 185

緑の中にひっそり置かれたベンチが気になって写真を撮りました